2018年1月16日 (火)

F700GSのバッテリーが上がった話。

タイトルの通りです。
冬にはよくあること、、、なんて思ってるでしょ?
スターターが回らないレベルじゃなくて、ライトはもちろんメーターすら点灯されない完全放電に近い状態です。
このひと冬乗っていなかったのならばあり得ることと思いますが。つい2週間前に数時間乗ったばかりでこの有様なのは悲しい。
3か月放っておいたSL230だってライトくらいはついたぞ。この短期間で燃え尽きるって、ホセ戦直後の矢吹丈かおまいは。
バッテリーが弱いと評判だったmonster696だって、ひと月放置でもセルはいちおう回ったんだけどなぁ

J



バッテリー的にはこんな感じなんだろうけれど。
いやいや本番はこれからなんだって!

| | コメント (0)

2018年1月 3日 (水)

私が買ったF700GS(2)

前回で納車時状態の紹介は終わり、と思っていたんですが大きなヤツを忘れてました。


Img_5246


(7)REMUS  BLACKHAWK スリップオンマフラー ¥75,173-

しょーじきよくわかりません(^^;;
実は私、バイク歴18年の中でマフラーを替えたことがありません。
こーいうのは純正がいちばんいいんじゃないの?と思ってる人なので、マフラーの変化がどういう変化をもたらすのか、経験した事が無いんです・・・。
そんな私の感想としては、「割と音がいい」って事くらいしか言えませぬ。
マフラーって、基本的に抜けを良くして高回転重視にするものと思っているんですが、その割にはシグナルダッシュはいい感じに加速するなぁと思うので、悪いものじゃないんじゃない?って程度の感想です。
ただ、25km/ℓは走ると言われているこの車種で、私が叩きだした最高燃費は22km/ℓ。
名栗湖付近をウロウロしている時だと19-20km/ℓが関の山。もうちょっと走ってほしい。
マフラーが燃費にどんだけ影響するかは知りませんが、影響しそうなパーツはマフラーしか変えてないので、暖かくなっても改善が見られないようならノーマルに戻そうかと思案中。
高回転高パワーより低速モリモリ型が好きな自分としては、燃費もそれで改善するなら願ったりかなったりなんだよなぁ
車体のコンピュータが燃調を自動補正してくれるまで暫く時間がかかるらしいので、春まで使ってから再評価ですね。
追記:本日いつもの名栗湖付近を2時間ほどウロウロしてたら燃費自己ベスト、24.5km/ℓを記録。暖機運転込みでこの数値なので、これが維持できるなら替えなくてもいいかな(°▽°)

(8)Garmin MC Mount Zumo 660 ¥23,287-
マウントだけです。
ユピテルのMCN43si IIをバージョンアップしつつ愛用している私にとって、Zumo660は使う気が無いので要らない子です。
オークションに流す気満々で取り外そうとしたのですが、配線がすっごくしっかりと取り回してあり外せませんでした・・・
ただ今カバーの中に押し込めてあります。
このZumですが、660より前のタイプである550を数年使用していました。
ゾウが踏んでも壊れない的な頑丈さと防水性は非常に有り難かったのですが、画面が小さくてマップが見づらいのが難点でした。
大画面化した660が発売されたのを見てすぐに飛びついたのですが、当時の660は画面の反応速度がめちゃくちゃ遅くて地図としては使えない代物。
ナビの案内をあまり信用してない私にとっては地図としての機能も重要だったので、マップスクロールが遅いのは致命的なマイナスポイントでした。
ついでにルート検索も最短距離を示すだけで、有料道路だろうが何だろうがお構い無し。
ぜーんぜん土地カンの無い首都圏を走行中、首都高を4度ほど乗り降りさせられた時に追放処分を決意しました
あれはもう10年近く前になりますから、現在のソフトならそんな事も無いかと思いますが。
渋滞情報をゲットするならスマホナビがいちばんじゃね?というこのご時世では改めて10万円をナビに投資する気にはなれませんね。
配線を外すためには視界を確保する→カウル全外しの必要→外は寒い→やる気出えへん・・・な現状では春まで待たないと外せなさそう(^^;;
まぁ鎖骨を折って以来、肩から上に肘を上げたり力を入れるのが辛いので、しばらくは身体の回復待ちですね。

カスタム費用、推測込みで¥303,164-ナリ。
30万オーバーのカスタムしといてほとんど乗らずに売っちゃった前オーナーが謎すぎる・・・
ありがたく乗らせていただきます。

| | コメント (2)

2017年12月31日 (日)

私が買ったF700GS。

Front

私が買ったF700GSは16年式。

12月のモデルなので、世間では17年式として販売されているものですね。
1年落ちで走行距離750キロ、カスタム多数の状態で売られていました。
今日は記録も兼ねてカスタムポイントにいちゃもんという名の本音を紹介してみます。

私が気付いたカスタムポイントは以下のとおり。


(1)Puigのロングスクリーン/スモーク/ワイド ¥23,652-

(2)K&H シート たぶんミディアム ¥61,560-
(3)推定Mayitr製ハンドルライザー US $92.5=¥10,420-
(4)MAGURA油圧クラッチ ¥46,000-
(5)エルゴ スポーツミラー/ラウンド ¥9,072-
(6)GIVIアルミトップケース ¥54,000-

しめて¥204,704-ナリ。



Front2

(1)まずはPuigのロングスクリーン。

F700GSのデフォルトのスクリーンってやる気無いのか?てくらいに小っさい。
ノーマルスクリーンの3倍くらい(目分量)の高さがあるので、高速道路を走る気なら必須と言えるカスタムですね。
実際に走行すると、特に走行風が冷たいこの季節では防風効果が絶大な事がわかります
まぁノーマル状態では走行して無いのでちゃんとした比較はしてないのですけれども。
ノーマルスクリーンの効果の無さはよく耳にするところですから、下道オンリーの想定でも交換する価値はあるかと思います。

・・・と素直に褒めちぎる訳はない(^^;;
このスクリーン、高い防風性を狙うだけあって顔近くまで高さがあるのですか、やたら黒く見える通りにけっこう暗いんです
日中ならば気にならないんですが、夕方以降は暗さで前下方が見づらい。
登り坂になるとさらに見づらさ倍増。
薄暗い林道の登り坂だとブラインド状態でコーナーに突っ込んでいかなければならないという恐怖体験仕様
夕方に見知らぬダート道に迷い込んだ日にはリアルに死ねると思いましたね。
オフを走る予定のある人はうっかりスモークにしない事ですね。クリア必須かと思います。
なのでこちらは某オークションで購入した¥6,000-ほどのクリアタイプに変更済み。
ただし防風効果はPuigほどはありませんから、オンロード専門で使うならPuigスクリーンは第一候補に入れるべきでしょうね。




Seat
(2)K&H シート
ノーマルシートには跨って無いので比べようが無いのですが(^^;;
1-2時間ほど乗った程度ではお尻の痛みなんて感じませんでした。
値が張るだけの事はあります。



Img_5241
(3)ハンドルライザー
メーカー不明なので正確な数値は全然わかりませんけれど。おそらく30mmくらいアップ&バックのもの。
これに対するワタシの評価は現在迷走中(^^;;
というのも、当初はアップ量が多すぎて好きになれんと思っていたのですが。
純正に戻したら、このライザーを噛ませていた方がマシだったと思い始めたんですよね。
高さはそのままにバックだけさせるものに替えようかと検討中。
ただ鎖骨を折って以来、右肩と二の腕に痛みが走りやすいだけに正確な評価はまだ難しそう
肩のプレートが取れて、傷が塞がったらまた評価は変わりそう。

(4)MAGURA油圧クラッチ
楽です(^^)v
純正(ディーラーで握らせてもらった)が割と硬いので文句ないです。
ワイヤー切れを心配しなくてもいいってのがいいですね。
強いて言えば、メンテナンスをどうしたらいいのか分からないことくらいかなぁ。

(5)エルゴ スポーツミラー/ラウンド
見やすいです(^^)v
丸ってどうなの?と思ってたのですが見やすいのでアリ。
どこかのサイトで星ひとつの評価を見ましたが、正直そりゃー言い過ぎでしよ。




Img_5331
(6)GIVIアルミトップケース/42ℓ
立方体みたいな形状が特徴的なこのケース、割と物が入りやすくて便利です。
変にスタイリッシュにするよりは、こういう割り切った形状の方がいいですね。
どうせならブラックの方が好きだし、直方体の58ℓタイプが欲しくなってもきます。
ただそうすると現在手持ちのE55をどうするかが問題に・・・
E55は事故った時に装着してたので、アスファルトによる引っ掻きキズが生々しくてオークションで売るわけにもいかないのです。
ベースが共通なんだからアルミケースと共用したらいいじゃん?というのが普通のツッコミかと思いますが。

ベースが共通なんだけど入らんのですよ。
正確に言うと最後のカチっが入らない。
耐えてくれオラの鎖骨ッ って勢いでリキ入れると最後のカチっが聞こえるので、いちおう使えると言えば使えるんです。
取り付け部分を加工すればスッキリ入るようになりそうな気もする気もするキモスル・・・

以上が購入時のカスタム&評価です。
車両の評価は次の機会にでも。
と思ったらマフラーとか他まだいろいろあったのね(^^;;

| | コメント (0)

2017年12月28日 (木)

F700GSに乗り換えました。



Gs_fl


F700GSに乗り換えました。

BMW謹製。おっさん向けバイクを量産してるイメージが強くて私には縁のないバイクメーカーだと思っていましたが。私も立派なおっさんになってしまったのです(泣)
購入したのはプレミアムラインの2017年タイプ。
スタンダードモデルにESA:電子サス調整にASC:トラクションコントロールを追加したタイプで、今年度からはライディングモード・プロと呼ばれる出力特性制御付き。

あ、新車じゃなくて中古です。1年落ちが走行距離750キロで転がってましたw


このバイク、基本はオンロードなんだけどいちおうオフも行けるのがコンセプト
いわゆるアドベンチャーツアラーの中でもオンロード寄りのタイプですね。
V-strom250やVersys250といった最近話題の車種の兄貴分とも言えそうです。
車体&エンジンが共通のF800GSってバイクもありますが、こちらはスポークホイール&チューブタイヤなオフ寄りアドベンチャー。
同じエンジンなのに10psアップなのはパワースライドでもさせたいのかな?
ガチでダート道を走るならこっちなんでしょうが、倒立フォークはダートで傷だらけになりそう。
スポークホイールは手入が面倒だし、チューブタイヤにしたところでタイヤ交換の技術なんて持ち合わせていない(おい)。
オンロードも楽しむならキャストホイールかなと思ったので、個人的にはF700GSが好みでした。

私は以前からSL230という立派なオフ車も持っているのですが以前住んでいた北東北地方田舎県と違ってダート道までが遠いので、そこまで快適に移動できるバイクがあってもいい!というのが選択のポイント。
長距離オンロード性能もさることながら、ちゃんとダートを走れなきゃいけないので"なんちゃってオフ車"は対象外。
どうせ買うならESAや ASC、出力特性制御といったハイカラな(笑)装備を経験してみたくもあったので、
1年落ちの中古車が走行距離750キロで売られてると知った時には激しく欲しくなりました。
まぁ要するに遠くの林道に行けるぅぅ。ただそれだけです。
排気量的にはV-strom650が対抗に挙がりそうなものですが、「120km/h以上高速道路で安定しないらしいよ」って某GS1200乗りの人が言ってたので却下。
トラコン装備なんですが、出力特性コントロールできないと林道と舗装道のどちらかが楽しくないか難儀しそうだし。
というか今年のマイナーチェンジでトラコン追加されたの知らんかったし・・・(^^;;
このF700GS、最近まで乗っていたMT-07とはだいぶ方向性が異なるバイクの様に思われます。
欠点は多少はあるもののトルクフルなエンジンに扱いやすい車体特性は割と気にい 入っていました。
当然、積極的に乗り換える気は無かったのですが・・・

» 続きを読む

| | コメント (2)

2016年8月25日 (木)

ここ4か月ほどにやってたことアレコレ

MT-07を購入してからはや半年。バイクシーズンの春が来てから4か月ほどブログを放置してみたのですが。

よく考えたら以前から放置気味だったから特に何も変わらん事に気がついて、久々に更新してみる事にしました。みなさんこんにちは。

地味に一日50-100くらいはカウンターが回ってるんですよねぇ。

頻繁に更新していた時とほぼ変わらないって、、、いったい誰が見てるんだろ?と不思議な気分です。



さて。バイクが変わればアイテムも変わるということで。最近は以前にも増してバイク用アイテムが手元に増えています ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ
最近増えたアイテムの中でもイチオシによかったものがこれ。


644


ワイズギア謹製、クールメッシュシートカバーです。

何がいいって、そりゃあクッション性ですよ。

・・・いやいや、これはもともとメッシュシートカバーなので、クッション性は二の次で。お尻を熱くさせないためのアイテムなのですけれど。

このカバーのお蔭でお尻の痛みが非常に軽くなるんです(・∀・)!!!

純正シートだと、シートの角が角ばっているぶんお尻、というか腿の付け根と強く当たって痛みが出やすかったんですが。
このカバーかけると角が丸くなる分、痛みづらくなります。

メッシュ地だけに熱くなりにくくもなりますし。買ってよかった!と強く思えた逸品です。

(ただし涼しくなるとは言ってない汗)

汎用品でも似たようなものが2000円以下で売られていますから、純正の8000円に比べたら割高なようにも思えますが。

なにせこの車種専用品だけに、見た目のマッチングは100点満点です。

見た目OKな上に座り心地もよくなるわけですから。もう3万ウン千円もする純正コンフォートシートなんて必要性を全く感じなくなりました。

MT-07のシートに不満を感じている人にはぜひお勧めしたいですね。



642

| | コメント (0)

2016年4月26日 (火)

MT-07初トラブル?



最近のバイク、特に日本車ってあまりトラブルを聞かないんですが。

たまたまワタシのMT-07で経験してしまったので忘備録がてら報告を。

それは「ウィンカーの不調

先日、朝方の雨に祟られながらライディングスクールに行ってきたその帰り。

夕方の帰り道に高速道路を走行中に、ウィンカーが全く反応しないことに気づきました。

日中は何の問題もなかったし、帰り道でも途中まではきちんと反応してくれていたんですが。

走行途中からぜーんぜん反応してくれません。

右はもちろん左も。そしてハザードすらも反応してくれませんでした。

念のためサービスエリアでヒューズを見たんですが問題なし。
でも帰らない事にはしょうがなかったので、そのままエンジンスタートしたところ。

直った(゚∀゚)

なんでなのかは知りませんが。一時的なウィンカー不調にビビったという話でした。

なんだったんだろう????

電源を入れなおしたのでエラーがリセットされたってこと?

って事はECUでも関係してるの??

こんどYSPで聞いてみるか…( ̄^ ̄;)ウーン


| | コメント (0)

2016年4月12日 (火)

MT-07をいじってみた(メーター編)

 

購入してからはや4カ月、MT-07をいろいろ弄ってみました。

まずやったのがメーターのオフセット。
MT-07で挙げられる不満の1つとしてよく挙げられるのがメーターの位置。
鍵穴よりも手前にあるので、これまでのバイクよりはだいぶ手前です。



Img_2024_2

メーターを見ようとすると目線の移動量が大きくて、運転中だとけっこう気になります。
普通のバイクと違って、メーターの奥に鍵穴があるんですよねぇ。

この写真でも鍵穴が見えません・・・

メーカーとしては色々考えた末にあの位置にしたのでしょうが、どうもこの位置は気に食わない。

それ以上に、「とりあえず弄ってみたかった」のでカスタム敢行ですヾ(^o^;;;オイオイ…







Fullsizerender


まずはカウルを外します。

メーターカバー?に良さげな穴がいくつかあったので、L字ステーで装着します。

矢印のところがL字ステーです。ちなみに近所のカインズホーム謹製。
メーター自体はネジ二箇所で止めてあるだけなので、購入したままのネイキッド仕様ならばこれで終了です。
ただし見た目がちょっとアレな感じになりますが(^^;;

大変なのはカウルを付けてしまった場合です。
カウルありだと、オフセットしたメーターとカウルがモロに干渉してしまいます。
そこでスペーサーを咬ませます。




Img_2060


矢印がスペーサーですね。

MRAあたりの社外品ならこれで終了できると思うのですが。
私がつけてる純正ミドルスクリーンだと、スペーサーで浮かせた分だけネジ穴が合わなくなってしまうんです。
通常はスクリーンに穴を開けてしまうのがオススメなのですが。
ものぐさ大魔王のワタクシがそんな事をする筈もなく。

力任せに曲げて強引にはめ込みましたヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ



スクリーンって柔軟性があるんだね☆
組み付けが終わったらすべておしまいとなるかと思いきや。
実はこの段階でもオフセット量を調整する必要があります。
なぜなら、実は何も考えずに組み付けるとキーが回らなくなっちゃいます。メーターと干渉して。

Img_2040



どうにか調整終了したのがこの段階。ナビホルダーも付いてますね。

この辺はスクリーンに挟むスペーサーの大きさ、メーターのオフセット量の兼ね合いをみつつ調整する他ないと思います。
スペーサーを大きくすれば(スクリーンを上方にオフセットすれば)干渉しないのですが、ス
クリーン下のスペースが大きくなって防風効果が薄れてしまう。
また、スペーサーが大きくなる→正規の穴の位置とのズレが大きくなる→曲げ量が増えるっ事にもなります。
穴を開け直せばいいんですが、位置によっては強度不足って問題も起きそうです。
鍵穴を移すのはシロウト不可の大工事になりますから、さっさとメーターを固定しちゃって、

スクリーンをどうにかして組み付ける方法を考えた方がいいでしょうね。
アップライトな姿勢になりがちなバイクのはずなのに、なんでわざわざ見づらい位置にメーターを設定したんでしょうねぇ。

まぁカスタムしやすいようにしておいてくれたので良しとします(笑)

| | コメント (2)

2016年1月21日 (木)

MT-07を買ってみた。


最近(といっても先月だけど)購入したMT-07の紹介です。

今回購入したのは実は中古車。

といっても1年ほどバイクショップの試乗車になっていたものが売りに出されていたので、走行距離がとっても少なかったんです。

 Img_2024

中古車にして驚きの387キロ。
車検が1年近くなるのがマイナスだけど、車体が安くなるんだからいいでしょ(≧∇≦)bグッ


お店の試乗車だったので、オプションパーツもいくつかついてました。



Photo

分りやすいところだとカウル
このバイク、ネイキッドなので当たり前っちゃぁ当たり前なんですが

前からの風圧がすごい♡・・・
らしい。


どの人のインプレを読んでも高速乗る気にならんって話なので、何がしかの防風対策はしておきたかったんです。
この試乗車はたまたま最初からついていたんですよねー。

ワイズギアのものは若干ダサめな感じもするんですが、防風効果は悪くなさそう。
写真で見ると、格好良くはないけれど。そんなにダサくもないですよね。



もう一つついてたパーツはスライダー

別に転ばなきゃいいじゃん?と思っていたんですが、人口密集地帯・埼玉県(笑)に移住してきたからには、自分の腕だけではどうにも避けられない事故にも会っちゃうんじゃないかと、最近ちょっと不安なんですよ。

何せ盛岡市に住んでいた時は家から5分走ると無信号地帯に突入できましたから。危ない車に突っ込まれる危険性は少なかったのです。だって車が走ってない。

なのでこちらに引っ越して以来、転ばぬ先の杖が欲しくて、実はMonster696にも後付でつけようかと思っていたのです。

ルックスも悪くないのがいいところですね(≧m≦*)ムフフ





見た目じゃわからないところだと、実はこのバイクはABS付き

普段からタイヤの端っこまで使い切っちゃうバイク乗り友人のお二人に聞いてみたところ、揃って「ABSなんて付いてたらつまんないじゃーん」とコメントをくれたので。私はつけてみる事にしましたw

というのは冗談ですが。

ABSって、”乗れてる”人には欲しくない装備ではあるようです。

多少滑ってもいい時でもアンチスリップが働いちゃうと、どうも調子が狂ってしまうと皆さん言いますね。

まぁ雪国で車に乗っていると多少わかる気がします。

が、バイクでそこまで攻められる腕前は持ち合わせていないので。今回のバイク選びでは、ABS付きのタイプを第一希望に探していました。

何年後かにはABSが必須装備になりますし。





Img_2023

タイヤはご覧のとおりミシュランはパイロットロード。横溝が特徴的ですね。

Ninja650Rにミシュランを履かせて感激して以来、すっかりミシュランが好きになってしまいました。
もはやミシュラン以外は履きたくなかったので、初期装備でミシュランなのは嬉しいぽいんとです(^^)




カウル、スライダー、ABS、ミシュランと希望のパーツがついていて、小走行距離車で値段も安いときては買わざるを得ませんでしたね。

あ、リアに見えるキャリアステーなんかは後付でつけてもらいました。

その後にキャリアベースを取り付けるまでが一苦労だったのですが・・・そのあたりはまた次の機会に。

もうすでにメーターも移設して、ナビも取り付けちゃいました。





| | コメント (0)

2015年12月29日 (火)

MT-07を試乗してみました。


YAMAHA  MT-07を試乗したのでインプレを書いてみたいと思います。





Img_1
第一印象は「脇が締まる」

何のこっちゃ?って話ですが、要するにmonster696よりも前傾が非常に緩いのです。

実は埼玉に引越して以来、monster696に乗ると腰が痛くて辛抱タマランようになりました。

トシはとりたくないねぇなどと思ってはいたのですが、腰痛になるのはバイクに乗っている
時だけなんですよね。

特に気になるのは街中と渋滞時。停車時に身体を起こして、発進で寝かせて…の繰り返しが特に辛いんです。

らくちんポジションのPCXではそんな事は皆無。

で、他のバイクだとどうなんだろう?と試乗してみたのですが…MT-07だど非常に楽。

10分程度乗っていましたが、腰は全く平気です。ごく軽めの前傾が腰にあっているんですねぇ。


前傾が緩い分、両腕にも余裕ができて肘にも遊びができる。

その結果「脇が締まる」。もう体温計挟めちゃうんじゃないかってくらい。

逆に言えばmonsterがどれだけ前傾が強いんだってことなんですが。

今更ながら愛車の欠点に気付かされました。




第二は「楽!

さっきのポイントとがぶるのですが、運転するのが非常に楽です。

腕に余裕がある分、市街地での走行がとても楽。「気楽」と言う方が正直なところ。

ポジションに余裕があるだけ、構えずに走れます。

前傾が好きならそうすりゃいいんだし。軽快に走れるので峠道でも楽しそう。

エンジンがトルクフルなだけに、クラッチに気を遣わないとガックンガックンしちゃいますけどね。




第三は、「スリッパークラッチは偉大

MT-07はスリッパークラッチが付いてません。なのでダウンシフト時のエンジンブレーキをすげー感じます。

monsterと同じ感覚でコーナー直前でダウンシフトすると、コーナー中にエンジンブレーキ
が効いて焦りました。

乗っている時には感じなかったんですが、いざ無くなると偉大さが判りますね、スリッパークラッチ。

まぁ以前はエンジンブレーキ効きまくりのEX-4なんてバイクに乗っていましたから、慣れてしまえば気にならなくなると思いますが。




ざっと書くとこんなところですが、雑誌とネットの評価が意外に違うところは気になるかなぁ。

雑誌や専門のライターが書いたインプレは殆ど高評価。

手元にあるMOTONAVIの「モーターサイクルオブザイヤー2014」って企画でも3位に入っていて、悪い評判は殆ど見当たりません。

だけどネットの評判は、某巨大掲示板では散々な叩かれっぷり。

まぁあそこは他人を叩いてナンボなところなので気にする方が損なのですけれど。

「所詮はMT-09の廉価版」って評価は的外れとは思いますが。「安いのには何か理由があ
る」って論評はちょっと気になったかも。

新車でも70万円以下、乗り出し80万円を超えない値段は大いに有難いし驚きです。

じゃあその安さは何処からくるのか?何処の部品ケチったんだ?



などと変な妄想をしてしまうんですね。

例えばホンダのNCシリーズは基本構造を共通にしました。そりゃー当然安くなるよ。

で、発売から1年ちょっとで750にスケールアップしました。ああやっぱりこうなっちゃうんだ
ね。大切なものを蔑ろにしちゃったんだねぇ。


これと同じ事がMT-07にも後々起こっちゃうんじゃなかろうか?




…などと根拠のない妄想が広がってしまいます。

まぁだからと言って値上げされちゃうと困るんですけどね(^^;;

何はともあれ。

MT-07はすげー良さそう!というか良かった!



















って事で買っちゃいました。てへ。


Mt07







monster号とはおさらばしてしまいました…・゚・(ノД`)・゚・。




| | コメント (2)

2015年10月18日 (日)

名栗湖に来てみた。

今日は久しぶりに丸一日オフの日曜日。

天気が良かったのでバイクに乗らねば!とテキトーツーリングを敢行しました。

成木街道からちょっと外れた所にダムありと標識を見たので、案内に従って到着したのが有間ダム。

そこに出来たダム湖が名栗湖と言うんだとか。









なーんにも無くて気持ちいいトコです。

食事処もあるみたいで、どうやら缶コーヒーくらいは調達できそう。

近所にこーいうスポットを見つけられるとプチツーがはかどりますね(^^)

| | コメント (0)

«ひさびさに