« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月

2006年8月31日 (木)

ツーリングに行ってきました(2)

先週末のツーリングでは九戸城に行ってきました。

実はその後三沢市内の根城という城にも寄ったのですが。

駐車場から歩く距離が長かったので見学せずにスルー(^^;


夕方も近かったのでキャンプ場へと向かいました。

予定は三沢近くの小川原湖畔キャンプ場。ツーリングマップルのオススメで、料金も200円とお手ごろ(^^)

湖畔で沈む夕日を眺めながらキャンプなんていいじゃないですか♪


夕方6時頃に到着。

管理棟で受付手続きを・・・ん!?


(つд⊂)ゴシゴシ


(;゚д゚) エッ!?




料金が10.5倍になってるー



ここ1、2年で料金を値上げしたようなんですが、200円→2,100円ってどーゆうことよ。

オートでもない普通のキャンプ場なのに( ゚д゚)ポカーン

北海道で無料キャンプ場ばっかり泊まってたヨシカワ的には、キャンプに2000円も払えません(^^;

そこで予定を変更。ツーリングマップルとにらめっこ開始です。

すると湖の反対側にもキャンプ場があるようなので、そちらに賭けてみることにしました。

到着して料金を確認すると・・・こちらは500円(^^)v

小川原湖キャンプ場というところなのですが、湖水浴場の岸辺にあるので眺めがいい!

テントサイトには木が植えてあるし、下は芝生なので柔らかい。

ロケーション的には先の小川原湖畔キャンプ場と変わらないのですが料金だけは1/4。

場所もそんなに違いません。

三沢、と書いてきましたが三沢市内ではなく東北町(旧上北町)という町の町営みたいです。

Photo_1 

なかなかよかったので、写真撮ってきました。

Pict0792s

実はこれ、次の日の朝にとったんですけれどね。

朝日がまぶしい=テント内は朝から暑いくなるわけで、、、暑くて早朝から目が冷めてしまいました。

もうちょっと木陰に張ればよかった・・・。


近くにコンビにもあるし、温泉も近くに何箇所かあるし。なかなかオススメできるキャンプ場でした。

みんな、三沢付近でキャンプするなら小川原湖キャンプ場だ!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年8月30日 (水)

ツーリングに行ってきました(2)’

こんばんは、というかそろそろおはようございます、ですね(^^;

本当はツーリング(1)の続きを書きたかったんですが、今日に限って「言った」「言わない」で2件も揉めてしまいまして。

1件目:それだけ大切なんだったらきちんと説明してくれよー。他のどうでもいい話は馬鹿丁寧に説明してくれるのにさー 大切な話だけテキトーってどういう事ですかーぷんぷん   話が伝わってないのはお互いに責任があるでしょうに。自分だけ正しそうな顔しないで下さいよー。

2件目:こっちが好意でお手伝いしてるのになんであなた達は態度でかいの?だったら全部自分でやってくれよーもぉーヽ(`Д´)ノウワァァン

以上グチでした。久しぶりに腹が立ってしまいました・・・

その影響でこんな時間(am3:00)までPCとにらめっこしなきゃいけませんでした。


で、寝る前に先週のツーリングの写真などをスライドショーで見てみたらば。




い、癒されるぅぅ*・゜(゚∀゚)゚・*
 


気分がよくなってきたので写真を1枚ほどupしておきます。。

Spict0782

ツーリングの話は次の更新で(^^)

それでは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月28日 (月)

ツーリングに行ってきました(1)

盛岡から80~90㌔ほど離れたところに二戸市という街があります。

その市内には南部氏配下の九戸氏が住んでいた九戸城という城があったのですが、戦国の末期、羽柴(後の豊臣)秀吉配下の軍勢6万に包囲されます。

要害堅固な九戸城でしたが篭城方の軍勢は5千人ほど。

衆寡敵せず、最後は降伏勧告を受け入れて開城。

・・・のはずがそれは計略で、門を開いたら女子供も全員殺されて落城という悲惨な結末を迎えてしまうお城です。・゚・(ノД`;)・゚・


その九戸城趾に、距離が手ごろというだけの理由で行ってみることにしました。



ここが意外に(・∀・)イイ!!

何がいいって、城跡はほとんど芝生。

堀と石垣が残っている他は何も無い空間が広がっているので開放感が抜群です♪

また石垣は東北最古の穴太積であり(興味のない人ゴメンナサイ)、国から史跡の指定を受けているなど城マニアな方にも見逃せません。

荒城の月」の歌詞を思い浮かべてノスタルジックな気分に浸りながら、1時間ほどのーんびり過ごしてました。

Pict0770s

広いっ

Pict0772s

お堀っ







何もない空間が広がるばかりで気持ちいい。

盛岡からは片道2時間弱と時間的にも手ごろ。

しかも芝生でのんびりできる。

ついでに近くには座敷わらしで有名な金田一温泉などもあります。

久しぶりに素敵なツーリング先を見つけてしまいました(^^)v

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年8月26日 (土)

スロットルアシスト

最近778さんやとまさんのブログで取り上げられたいたスロットルアシストを取り付けてみました。

といっても新規に購入したわけではなく、以前乗っていたZ750S用に購入したものを再度取り付けてみたんです。

実は購入したときは装着後5分ほどで「使えない」と判断して放置していたのですが。

他のブログで話題になっているのを見て、バイクも代わったことだからと試してみることにしたんです。



その感想ですが。

ER-6n/fなら使えます(^^)


親指の付け根部分で支えられる分、負担が減ります♪

クルージング状態で握りつかれたときにアシストにちょっと負荷を移してやると、握らなくてもスロットルポジションをキープできるので、手が楽になります。

ER-6はスロットル開度がそれほど大きくないので、慣れてくると発進時にも使うことができるようになりました。


もっとも、使えるのは80~90㌔程度でしょうか。高速道路でのクルージング時にあわせて装着すると発進時にひどく邪魔です。

また、慣れないうちはスロットルを緩める動作が緩慢になりがちなので、急停止の練習が必要です。

そのあたりは割り切って使う必要がありますし、自分に合った微妙な角度を見出すまで苦労しますが、一度慣れてしまえば解決できます。

下道メインのツーリングでは十分使う価値ありますよ(^^)v


実は、Z750Sで使ったときはとにかく邪魔でしょうがないとしか思えませんでした。

発進時では特にそう。

発進にあわせて取り付けるとクルージング時には使えない。

でもクルージング時にあわせると発進の邪魔。

スロットルの開度が比較的大きいZ750S・・・というか、おそらく4気筒マシンでは危険ですらあると感じたので放棄していた道具でした。

しかし、ER-6fで使えるのはスロットル開度がそれほど大きくないからでしょう。

スロットルを緩める練習さえしておけば便利で使える道具ですね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年8月22日 (火)

インプレッション(6)

東北はそろそろ暑さのピークを過ぎ始め、なんとなく秋めいた感じを受ける今日この頃。

寝苦しさも幾分か和らいできているはずなのに昨日はまったく眠れず、寝よう寝ようと頑張ってみました。

が、なぜか眠れません。

そこで夜中は3時に眠るのをあきらめ、近所の峠道を走ってみました。


すると道路標示は気温は22~24℃のせいか気持ちいい♪

…のは最初のうちで、1時間も走ると寒いくらいorz

そこで気付きましたよ。我がNinjaの長所に。



エンジンからの温風が暖かい.。゚+.(・∀・)゚+.


・・・ごめんなさいうそです。

素直に熱いって書くのも何でしたのでポジティブにとらえてみたんですが、正直熱いんです

デザイン重視のカウル設計のために熱がこもりやすいらしいんですが、炎天下の下ではたまらないですよ~  ホント熱いっす。

確かに昨日は寒かったのでそれがありがたくはあったんですが、メカ的にこれはどうなんでしょう?

いい影響ないと思うんですけれどね。

カウルに風穴でも開けてみようかしらん。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年8月16日 (水)

インプレッション(5)

インプレッション(3)(4)のコメントのやり取りの中でもあったのですが、Ninja650Rの高速性について書いていこうかと思います。

ER-6nに興味を持った人が持つであろう、nのフルカウル版であるfの高速性能。そして防風性能。

それはどのくらいのものなのか。

結論から先に言っちゃういますと。




普通(-_-)





130km/hまでは特に頑張らなくても出せます(^^)。トラック脇の乱気流もほとんど気になりません。

しかしこれ以上では肩口に当たる風が気になりはじめるので、いつの間にかペースが120~130km/h辺りから上がらなくなります。

それでもトルクが最大となる9,000rpmまではいきませんから、状況が許せば(・・・というか公道じゃなければ)160~170km/hくらいは出せるかと思います。

しかし、「無理して出してる」感はぬぐえなくなるんじゃないでしょうか・・・。

ノーマルの6nよりは明らかに防風性能は優れていますが、格別に優れているものでもありません。

間違ってもCB1300SBなんかと比べちゃいけません(^^;;;

ただし、これには僕の経験を加味してもらわないといけません。

僕が前に乗っていたのはKawasaki Z750Sというバイクなんですが、このバイクはなんといっても高速性能が(・∀・)イイ!!

防風性能はピカイチでエンジンもまた秀逸。ヘタレライダーの僕でもちょっと頑張ればぬおわkm出せちゃうくらいのバイクでした。

従って、こいつと高速性能を比較したバイクは点数が辛くなってしまいます(^^;

もっとも、高速性能が非常に優秀でも発揮する場所があるのかといえば。

日本じゃそんな場はないんですよねー

ドイツのアウトバーンじゃあるまいし。

そういった意味で、日本の高速道路を走るんだったらこのくらいの性能でも十分すぎるんじゃないかと思います。




あと、以前「チャリンコライダー用パンツ」のインプレを挙げると予告したのですがしばらくお待ちくださいm(__)m

正直にいうと評価に困ってます。

おケツにパッドが入って柔らかくはなるんですが、果たしてそれがいい方向に向かっているのかどうか。

ひょっとしたらノーマルが一番いいんじゃね?とも考えることもありまして。

ちょいっとばかし考え中です(--)y-~~~

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2006年8月14日 (月)

インプレッション・追加

こんばんは、ヨシカワ(仮)です(=゚ω゚)ノ

世間には帰省ラッシュで「渋滞何十キロ~」というニュースが流れている中、私も実家に帰ってまいりました。

といっても盛岡という田舎から山形県は海沿い地方の超田舎(人口18,000人)への帰省ですから渋滞とは無縁の帰省でした。

バイクで帰省してきたのですが、田舎道だけあってワインディングが気持ち(・∀・)イイ!!

パトカーがあまり出没しない町道を走ってきたせいもあったんですけれどね。気持ちよく走れました。

で、あまりに気持ちよかったので。

盛岡への帰り道では、寄り道して蔵王のお釜などを楽しんでみようかと目論んでいたのですが。

               Photo_5

何も見えませなんだ(^^;



さて、そんな話は置いといて。

慣らしも終わって我がNinjaは性能の100%を発揮できる状態になりました。

そこで慣らし中にはなかなかわからなかった点を挙げてみたいと思います。




(3)高回転(6000回転~)がスムーズ

ツインは振動があるイメージを以前から持っていて、低回転ではそのイメージどおりにドコドコ(雑誌ではトコトコ)とした振動を感じられますが、高回転になるとベツモノ!です。

振動がよく抑えられていて、吹けあがり方もまたスムーズ。

まるで4気筒のバイクかと思ってしまいます。

が、低回転でトルクをそれほど感じないのも4気筒っぽい(^^;;

高速道路での長距離&長時間移動の疲労は軽減されそうです。


(4)バックトルクが無い。

(3)ともかぶるのですが、僕はエンジンブレーキはそれほど効かないと感じています。

僕が比較しているのはKawasaki EX-4

このバイクには3年ほど乗ってまして、僕のバイク暦では唯一にして最長のパラツインなのですが、明らかにEX-4よりもエンジンブレーキは効きません。

そのぶんシフトダウンしやすいかと思います。



・・・が、この点はいろいろ異論が聞こえてきそうです。

同じER乗りの方でも違う感想をお持ちの方が多いようですし、4気筒に比べたら確かにギクシャクしますから。

(3)と(4)を併せて「ツインにしてはスムーズなエンジン」とでも思っていただければいいかと思います。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年8月10日 (木)

うなぎツーレポ。その弐。

さて、うなぎツーのレポート二日目です。

いよいよ本番です。

集合は7:30~8:00との事でしたから、6:30には到着して現地で寝てから合流するつもりで5:00に幕張を出発しました。

早朝のせいか流れも順調で、6:30より早く中井PAには到着しそう。

まだ見ぬER乗りの方々ににお会いしたら「すげー早くついちゃいましたよー」とでも言おうかなと思いつつ中井PAに到着。バイク用駐車スペースを見たならば。

(つд⊂)ゴシゴシ

(;゚д゚)

すてむさんのERが到着してるー

でもまだお顔を知らなかったので。

一時間ほど端っこのベンチで寝てました(^^;

7:30頃ようやく起床。みなさんと合流しました。

       :
       :
その後は他の皆さんのブログに譲るとして。

        Photo

こんなものや・・・

         Photo_4 

こんなものを食してました。

美味しゅうございました・・・







そしてみなさんとお別れ後は名古屋港からフェリーに乗船。

20:00発でしたが18:30には乗り込んで、20時間以上たっぷりと休憩をとった後。

こんなルートを走ってまいりました。

0806

・仙台市内で牛タン

・喜多方でラーメン×2食 ←2店連続で食べました

などという経験をつみながら?盛岡に帰ってきたときには22:00でした。


まとめ。

今回のうなツーでの総走行距離は1008.5マイル。

約1600㌔の長旅となりましたが、お尻以外は痛くならない!というERシリーズの乗り味には驚かされました。

長距離を走るなら文句無しにお勧めのバイクですね。

最後に。

多少トラブルはありましたが、全体として非常に楽しいツーリングとなりました。

幹事をしてくださったとまさん、すてむさんに感謝です。

また途中からメンバーを率いてくださったたけさん、ありがとうございました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年8月 9日 (水)

うなぎツー ツーレポ。その壱。

こんばんは、ヨシカワ(非本名)です。

今日はツーレポをアップしようかと。何気なくブログを開いてみると・・・

コメントがいっぱい付いてる━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!!




ありがとうございます。

ありがとうございます。





が。返事を考えるのに時間をかけすぎてしまいましたので(その割りに大した内容も書けず・・・)。

ツーレポを何段階かに分けようかと思います。

まずは出発から。

盛岡を出発したのは4日(金)の午前6時。

さすがに当日中井PAまで向かうのは避けました(^^;

バイク用駐車場が少ない都内でも、レッドバロン幕張のライダーズステーション(一泊\2,100-♪)ならバイクを置いておけるし、「地球ロック」が可能なだけに盗難にも安心ですので、そこに泊まろうと当初から考えていました。

チェックインは15:00からでしたので、1時間走行(約100km)の後30分休憩という僕のロングツーリングペースから出発時間を逆算します。

幕張までは約550キロですから、6時間の走行+2時間半の休憩で8時間半。

6時に出発すれば14:30には到着する予定でした。

が。

前日までの所用が終わったのが午前2時

すなわち睡眠時間は約3時間ほど。

導き出される結果は爆睡

ってことでいきなり最初の休憩時間は30分の予定が2時間となり(^^;、この時点で到着予定時刻は16:00へと変更です。

その後は順調に東北道~磐越道~常磐道へと進んでいきました。

ちなみにこの途中で慣らし第一段階達成♪納車8日目にしての達成です。

                 F1010012

500マイル記念に写真など撮ってました♪(※高速道路上にて。よい子はマネしてはいけません!)

その後、そのまま首都高を経由して東関東道へとすすめばよかったのですが。

「首都高を経由しなくても、一般道から東関東道へと入った方が面白そうなルートじゃね?首都高料金もとられないしさぁ♪」(地図参照)

                  Kantoh

とのひらめきを実行に移したところ。

見事に1時間ほど余分に時間をとられましたヽ(`Д´)ノウワァァン

いくら首都高といえども高速道は高速でしたわ・・・orz

結局到着したのは17:00過ぎ。

本来ならばそれでも余裕の日程なのですが。

都内にいる友達と18:00に新宿で待ち合わせていましたので、チェックイン後もダッシュで電車に飛び乗り、ようやく一息つくことができましたとさ。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2006年8月 8日 (火)

帰ってきました。

うなぎツー、無事に終了してただいま家に帰り着きました。


1日遅くないか?と疑問の皆さん、今日は予めお休みをいただいたんです(^^)v

うなぎツー後の行動を簡単に報告しておきますと。

皆さんとお別れした後、名古屋港から20:00発の仙台行きフェリーに乗り、翌日17:00に仙台着。

牛タンを堪能後に会津若松市へと向かいそこで一泊。

翌日、すなわち今日は私が以前やっていたボート競技の大会があったので、後輩たちを応援すべくさらに山奥の漕艇場へ。

15:00頃にそちらをたち、喜多方でラーメンを食した後に高速へ入り、自宅へ到達したのは22:00ほどでした。

よくよく思い出すと、

・浜松でうなぎ

・フェリー内でうなぎパイ

・仙台で牛タン

・喜多方で喜多方ラーメン

と、食べてばかりいたような気がします(^^;;


案の定体重が増えてましたわ(ノ∀`)アチャー

ツーレポは明日以降にでも♪

そうそう、前回の記事でネタにしていた「チャリンコライダー用パンツ」ですが、けっこう使えそうだという事だけを報告しておきますね。詳細はまた後ほど。

| | コメント (11) | トラックバック (1)

2006年8月 3日 (木)

長距離用秘密兵器購入。

漢字ばかりのタイトルなのですが、そのとおりの内容です(^^)

プロフィールに書いてあるのですが、僕の得意ワザは「体力任せの長距離ツーリング」。

その得意ワザをさらに極めるべく購入したのがこのアイテム♪

「SMTパッド付き メッシュインナーパンツ」!

・通気性、吸汗性に優れたソフトなメッシュ素材

・長距離も安心のシームレス・モールドパッド「SMTTM」採用

・吸汗速乾性を持つ「クールマックス」をパッド肌面に採用

                                ・・・以上同封の説明書より(^^;;;

もともとはチャリンコライダー用のメッシュパンツなんですが、下の写真のとおりにパッドが入っています。

Pict0702s ・・・もちろん未使用ですよ・・・

触ってみると意外に厚めで肌触りもGood♪

このパッドが長距離のお尻に(・∀・)イイ!!というものらしいです。

メッシュ素材ですし暑さにも強そうなのにも期待が膨らみます。

インプレッションはうなぎツーから帰ってきたらupしますね。

何せ初日の移動距離だけでも551.9km。

格好の人体実験となりそうです。

                                          

…頑張れオレっ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

初・ツーリング

といっても僕のNinja650Rは納車されて1週間。まだまだ慣らし中です。

できるだけ距離を稼ぎたい。また、このバイクでロングを走るとどうなるんだろうか確認してみたい。

そんな気持ちから仙台-盛岡間(片道200㌔)を往復してみました。




まずはその乗り心地ですが。





いいっす。*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(゚∀゚)゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*




何といっても疲れません。

合計で下道300㌔、高速100㌔程だったのですが、ポジションが自然なせいかそれほど疲労感がありません。

また、料金所に向かうカーブに何度か高速で進入したのですが、その時はいずれも自然に曲がる事ができました。

コーナーリング性能も期待できそうです♪

もともと僕は峠を走ったりしないのですが、思わず近所のくねくね山道を走ってみたくなりましたね。

今日わざわざ長距離を走ったのは何といっても慣らしを早く終わらせたかったと冒頭で書いたとおりなのですが。

なぜ慌てて慣らしを終えさせたかったかというと、今週末に開催されるER乗りミーティング「うなぎつー」に参加するからなんです。

ほら、他の先輩ER乗りの中に一人だけ4000回転制限じゃ置いていかれるじゃないですか。

せめて第一段階(500マイル)だけでも終わらせておこうかなと。涙ぐましい努力をしてみたんです。

普段は努力と無縁の日々だけど今日ばかりはがんばって走りましたよ。

だって4000回転では6速90㌔しか出ないんだもん・・・・゚・(ノД`;)・゚・

しかし。頑張って(疲れてないのであんまり頑張らずに済みましたが(^^; )走った結果、今日を終えて総走行距離は450マイル。残り50マイルは向こうに向かう途中でクリアできる見通しがたちました。

おそらく、浜松につく頃には慣らしの第二段階まで終わっちゃいます♪

・・・バイク屋さんびっくりするだろうなぁニヤリ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月 2日 (水)

ちょいカスタム。

今日はちょっとだけマシンをカスタムしました。

といってもほんの些細なことでして、カスタムというよりアジャストなんですが。

スロットルの遊びを調節してみました。

試乗車の時からスロットルの遊びが大きいと感じていたのですが、やはりmy bikeでも遊びは大きいと感じます。

すなわち、ギアチェンジの時スロットルを戻す量が大きくなってしまい、どうもギアチェンジが面倒くさく感じてしまうんです。
そこで、スロットル下のネジを調節して遊びをなくすようにしてみます。

すると。

遊びが減ったお陰でギアチェンジがしやすくなりました(・∀・)




ギアチェンジに違和感を感じていたので、大満足なアジャストとなりました(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 1日 (火)

インプレッション(3)

前々回の更新で書こうとしていたネタですが、どうしても思い出せません(^^;;

なので、ちょっぴり気になる点を挙げていきたいと思います。

そのひとつがシフトペダル。

納車してすぐにシフトペダルのポジション調整をしたのですが、私の好みでポジションを下に思いっきり下げたところ、シフトチェンジがしづらくなりました。

時計で言うと、納車時には1時⇔3時間でやり取りしていたのが、ポジションを下げたので3時⇔5時くらいの間でチェンジするようになったんですね。

つまり、「手前に引き上げながらギヤアップ」、「前下方にシフトダウン」する形になってしまい、特にギヤアップがやりづらいことこの上ありません。

Z750Sの時は単純にペダル位置が上下するだけだったんですけれど・・・。


すぐに納車時のポジションに戻しちゃいました。

ちいさな事ではあるんですが、普段よく使うものこそ大切にしたいと思うんですよね。

他にも色々あるのですが、細かい所にこそメーカーさんには気を使ってもらいたいわけでして。

そこはKawasaki。作りがいいかげん漢向きです。

まぁ、文句をつけようと思ってもこんな些細な事しか思いつかないんですが(^^;;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »