« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月26日 (月)

ヒョースン・RX125SMを借りてみた。



ヒョースンってメーカー、今まで聞いた事が無い方も多いんじゃないでしょうか。

そういう私σ(^^ )も今回初めて聞きました。 

韓国のメーカーなのですが、もともとはSUZUKIのOEM生産をやっていたメーカーなんだとか。そこが最近、、、といっても2008年に開発して売り出したのがRX125。

今回借りたRX125SMは同系エンジンを積んだ「RX125D」のモタードタイプ。最近流行ってますよね、モタード。

実は私、モタードにはあまり興味がないですが、聞いたこと無い初めてのバイクだったので借りてみました。帰り道のアシが欲しかっただけなのと、当時借りれた代車はこれしかなかったというのは内緒だ。

あ、車検ってのはNinja650Rの方ですよ。

赤男爵で車検に出すとタダで代車が借りれるんですよ。こーいうところはいいと思うぞレッドバロン。







まずは写真。


Yoko_2






でかっ。




後ろに置いたSL230がちっちゃく見えます(^^;

跨るとそのでかさが実感できます。身長173cmの私がまたがっても両足つま先立ち

これだけのつま先立ち状態はWR250やVersisに試乗して以来でした。

モタードだったらもうちょっと脚付き良くてもいいんじゃない?

この脚付きの悪さとも関係するのですが、サスが沈んでくれない

オンロード用に足回りを固めたらしいのですが、いくらなんでも硬すぎです。デブな恵まれた体重のワタクシでも沈まないサスってなんなのよ。まるでオンロードツアラーのような硬さです。

これは味付けとしてどうなのかなぁ。オフタイプとの棲み分けを考えたとしても、ちょっと極端すぎるように思います。オフタイプはそれなりにしなやかな足回りと聞いたんだけれど。

見るからにサスのストローク、余りまくりでしょ。もっと車高下げると平均的日本人は喜ぶと思うぞ。





Mae2_2



やっぱりでかいですねぇ。お隣のSL230と比べると一目瞭然です。

sl230は背が低くて小さい部類に入るとは思うのですけれど。それにしてもでかいっす。排気量以外はビッグな感じ。






これだけでかいと気になるのは走行性能。

実は走り出してしまえば意外に快適。重量が116キロとそれなりに押さえたあるので、回せばきちんと走ってくれます。回せば。70-80キロくらいまでは不満無く加速してくれますよ。回せば。

でもね。




低回転域トルクなっしんぐ





SLと同じ感覚で走り出そうとすると、悲しいくらいにエンストしまくりました。

ワタクシの運転が下手といっちゃぁそれまでなのですが(実際ヘタだけど)、スロットルを多少思い切って捻りながらクラッチを繋がないと走り出せないんですよ。

「あ、これってマルチエンジン?」と思ったアナタはちょっと甘い。これでも堂々たる単気筒なんだなぁ(ノ∀`)

高回転型の小排気量・単気筒エンジンってなかなか珍しい発想だと思うのですが、元がオフ車だと考えるとどうなんだろう。低回転のないオフ車って扱いづらくないんだろうか。ハマったら抜け出せるんだろうか。

高回転型にするなら排気量を増やさないと発進が辛すぎません?

最近話題の125ccモタード、KawasakiのDトラッカーとスペックを比較すると遥かに高性能なんですけれどね。どうもスペック以外のツッコミ所が満載ような気がします。




最後に乗り味。

・・・は、下のトルクがないので振り回して走れませんでした(^^;

倒しこんだらそのまま倒れ込みそうだったんだもん☆







総評。


このバイクが発売された2008年ならいざしらず、Dトラッカーが発売された今、このバイクを積極的に買う理由はあるんだろうか

エンジンも走りも取り回しも、少なくともワタクシの好みには合いませんd( ̄  ̄)

まぁ「取り回しがし易くて背が低くて低回転トルクバリバリのBUELL XB9ssみたいなバイクが好き♡」なワタクシがインプレを書くとボロクソに言うこと確実なバイクではありますね。

















おまけ。

ここまで書いて気づいたのですが。

晴れて2回目の車検を迎えたということは。





ブログ開設4周年おめでとーっヽ(^◇^*)/






過去ログを漁ってみると、4年前の今日にブログを始めていたのですね。

4年前の自分と比べても今の自分は思考パターンの同一さに進歩の無さを感じたりもするのですがそんな事はまぁ放っておいて。

Ninja650Rもいよいよ5年目突入。

まだまだ売る気ゼロでございます。

以前の最長記録だったEX-4は4年目の車検で手放しましたから、650Rは最高記録。

今現在特にほしいバイクもありませんから、6年目に突入することはほぼ確実です。

お暇な方、たまーにこのブログを覗いてあげてくださいまし<(__)>




| | コメント (5)

2010年7月12日 (月)

栗駒山荘まで温泉入りに行って来ました。

栗駒山荘と唐突に言ってようわからん人も多いと思うのですが、一昨年の大きな地震で被害を受けて、そこに通じる国道が先月ようやく復旧して開通したんです。

県南の一関市から車で1時間ほどの位置にある「須川温泉」って温泉のうち、栗駒山荘って所の温泉に漬かってきました。



今回のルートはこんな感じ。

Map

地図で見ると山の中ばかりを走ってきたのがわかりますねw

 国道46    :盛岡から西に向かうならこの道路ですね。 
  ↓
 県道1号  :御所湖から横手方面に向かう県道。信号無しで1時間ほど走れます♪
  ↓
 国道107号:県道40号に入るまでのつなぎ。
  ↓
 県道40号 :狭い山道で獣道っぽい。ダート状態ならオフ車で走ってみたい。
  ↓
 国道342号:地震で崩れてた道。いちおう国道だけど狭い。部分的に補修中。
  ↓ 
 東北道

合計330キロほどで、ほとんど山道ばかり走ってきました。


この中でのメインは342号線。

Road1


こんな感じに、中央線の無いくねくね道がメインです。




Road2


補修された後はこんなに広い道が広がっています。




Road3

この先は補修中で未だに対面通行。



Road4


一昨年の地震で崩壊した橋です((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル



という道を通った後にたどり着いたのが須川温泉の栗駒山荘という温泉。


Kurikomasanso


ぱっと見日帰り入浴施設に見えますが、裏には宿泊施設もちゃんと備えてます。

最近立てられたばかりのせいか、新しい割には木がふんだんに使われていていい雰囲気です。




Ashiyu


足湯は足湯で気持ちよかったのですが。




Photo


内風呂も いい感じでした。

お湯が適度な暖かさで、長時間つかるのにちょうどいい感じ。




Photo_2

更に(・∀・)イイ!のは露天風呂。

お湯の適度なぬるさと眺めのよさがあいまって、暫くの間ここでのんびりしてました。



ここは入浴料だけで600円。

休憩所の大広間を利用する時には更に600円が必要です。

有料だったので今回は利用しませんでしたが、満員の時には入場制限もあるので変に込み合う事が無さそうです。

今度は早めの時間帯に、単行本でも持ち込みつつ利用したくなりました(^^)

これでiPhoneが使えればベストなんだけれど…ソフトバンクはこういう僻地に弱いですねぇ。

ちなみにドコモは電波3本。WIFIルータを買うならドコモの方に分がありそうですね。






| | コメント (4)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »